《プロフィール》

 

1985年2月22日生まれ。

埼玉県生まれ、愛知県育ち。2人姉妹の次女。

 

物心ついた時には父親はおらず、家族不和の環境の中で育つ。

「男の子に生まれてきて欲しかった」との母親・親戚の言葉に

「男の子になる!」と決意して生きる。

 

自分のせいで家族が壊れてしまったんだと当時は思っていた。

 

男の子になることで、家族が再生されるならと、

一生懸命男の子になることを演じてきた。

 

第二次成長期。身体の変化に演じることに限界を感じる。

12歳でホルモン治療・性別適合手術を考える。

 

スカートを履くことが嫌で、自分の性別迷子が辛くて、

家にも学校にも居場所がないような気がして、

中学校から不登校になる。

 

高校には進学するが1学期しか通えず、再び不登校。

そのまま、ひきこもりとなる。

 

このまま死んでしまおうと毎日考える日々。

 

1冊の本との出会いから、

「もう一度頑張って、それでもダメだったらその時は人生を終わりにしよう」

16歳でそう決意をし、高校中退し社会に出る。

 

17歳で東京に家出。

LGBT当事者と出逢うために、行動に移す。

当事者と出逢い、命がけで本来の自分を取り戻そうとしている方達の姿に

自分が偽物であると突きつけられ、苦しくなる。

 

19歳で愛知に帰省。

虚無感の中で生活。生きる意味、自分は何者なのか?

 

20歳の時に出逢った人に言われた一言。

「もう無理するのやめて、女に戻ったら?」

この言葉に、女に戻る努力を開始。

 

結果、余計に自分自身のことが分からなくなる。

 

その時に母からヘルパー2級資格取得を勧められ、

そのまま福祉の世界に入る。

 

認知症の利用者さんから、

「兄ちゃん」と呼ばれたり、「姉ちゃん」と呼ばれたり、

呼ばれたままの自分を相手に合わせて演じることをしてみる。

 

その中で「人間、性別より人間性が大切」と身を持って学ぶ。

 

その後、障がい福祉に関心を持ち転職。

 

知的障がい者支援で

ありのままに生きる彼らと接する中で自分自身と向き合う時間が増える。

 

 

通信制の大学に進学。

仕事と大学生を4年間両立させる。

その中で国家資格を3つ取得し、大きな自信を得る。

 

社会福祉士資格取得を機に、ソーシャルワーカーへ転職。

病院の相談員を経て、障がい者の相談支援専門員となる。

 

 

2008年12月30日現在の嫁と出逢う。

嫁に「オトメンだよね」と言われたことをきっかけに、

「男でも女でもない自分でいい」と受入れ始める。

 

出逢った時に家族になると直感が働き、

嫁の両親を説得すること約3年。

晴れて2012年6月19日に養子縁組で家族となる。

 

 

メンタルヘルスケアを学ぶきっかけ。

それは、福祉の現場の離職率の高さ。

身体をこわす人、こころが病気になる人を目の前で何人も見てきた。

 

そして、わたしの身近なところでも。

 

2012年6月に母親が「若年性アルツハイマー」と診断された。

 

看護師だった母。仕事・酒・煙草しかなかった母。

母に仕事を辞めさせたのはわたし。

生きがいを奪ってしまった罪悪感に襲われる。

 

そのことをきっかけに、

パワフルに、ハッピーに生きるために必要なものは何か?を追及。

答えは「身体とこころの健康」であった。

 

性別迷子に翻弄されたことや、

人より遠回りした道を歩んできたこと、

そのすべての経験が誰かを力づけるかもしれないと思い、 

LGBT、メンタルヘルスケアについてのセミナーを随時開催中。


また、相談メールの件数も増え、個別サポート実施中。

 

 

[専門分野]

メンタルヘルス、LGBT、セクシュアルマイノリティ

不登校・ひきこもり、障がい者、介護の悩み等

※当事者だけでなく、家族サポートも行っています。

 

 

[所持資格]

社会福祉士、介護支援専門員、介護福祉士、ひきこもり相談士

相談支援専門員、心理カウンセラー